銀行系カードローンで医療費を借りました。(男性/30代)

男性/30代

現在、38歳の会社員である私がカードローンを利用したきっかけは、
病気による入院で医療費の支払いが必要になったからです。

40歳を前にして未だ独身の私は仕事が多忙であったことを言い訳にして、
不摂生な生活を送ったことで、入院が必要な大きな病気に掛かってしまいました。

体調不良を感じてすぐに病院に行けば回復できたものの、後回しにした結果、
手術が必要なほどに悪化してしまい、多額の入院費や治療費が必要になったのです。

独身だからと保険に入らずにいたので保険金のあてもなく、三菱UFJ銀行のカードローンを利用することにしました。

数多くある借り入れ方法の中でカードローンを選んだ理由は、保証人や担保が不要だったからです。

事情が事情なだけに仕方がないとはいえ、家族や友人に保証人になってくれと頼むことができない私にとって、
保証人が必要ないというのはかなり大きなポイントでした。

カードローンは保証人が不要な会社は多いので、急なお金の入り用や保証人を立てずに借りたい人には最適です。

また、融資額の多さや返済における利息の少なさも、銀行系カードローンを利用する決め手となった部分の一つです。
借り入れの限度額は利用目的や収入によって若干異なるため、中には限度額が希望する金額に届かないケースも少なくありません。

その点、銀行系カードローンは借り入れの限度額が高めに設定されているのが特徴です。

私は医療費の支払いで一度にまとまった金額を借りる必要があったので、この点を不安に感じていました。
しかし、銀行系カードローンを選択したおかげで、限度額に余裕が持てて安心して借りることができました

もちろん、私の収入が平均よりも若干多かった点も影響しているとは思いますが、余程のケースでない限り、
融資額が不足するようなことがないのも、銀行系カードローンならではのメリットと言えます。

毎月の返済も低金利だったおかげで、無理のないペースで完済ができました。

もし、私のように大きな借り入れをしなくてはいけない状況で悩んでいる人は、
返済時の負担も少なく周囲に知られずに借りることができる銀行系カードローンをおすすめします。

人気のカードローンはこちら