実際の体験談をご紹介

手軽にお金を借りるならカードローン。(女性/30代)

女性/30代

私は正社員として働いている30代の女性です。

新入社員のころ、給料でギリギリ足りるくらいの生活をしていたことがあります。

社会人になって必要に駆られて車を買い、また奨学金の返済も残っていて、
無駄な買い物はしていないつもりなのに、いつもお財布が軽かったことを覚えています。

そして、とある月に給料日まであとわずかなのに、お金が底をついてしまい、どうしようかと悩んでいました。

誰かに借りたいと思いましたが、きちんとした理由を説明できないので難しいです。
そんなとき、カードローンなら目的を問われることもなく、ATMで簡単にお金を借りれることを知りました。

お金が足りなくなった時に少しだけ利用したい私には最適で、口コミ評判の良かったプロミスに申し込んでみました。

また、カードローンは無担保・無保証人でOKなので、周囲に迷惑をかけることもありません

今では給料が上がり、生活で苦しむことはなくなりましたが、
趣味である自転車の道具を買いたくなった時には少しだけ借りています。

ATMで即時に借り入れができるので、緊急のお金の用事ができた時にも安心です。

さらに、ATMやインターネット上で返済できるので、余裕があるときにはなるべく早く返済するように心がけています。

そうすることで、利息が大きく膨れあがってしまうこともありませんし、私のように思い付きで
行動してしまう人でも返済が滞ってしまうとこともありません。

目的別ローンと比較すると、少々金利は高くなってしまいますが、
様々な目的でキャッシングを利用したい方には、カードローンはとてもおすすめです。

数あるカードローンの中でも、口コミによる評価が高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. 三菱UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  3. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

その他の体験談

お金を借りたいときに便利!カードローンの特徴を解説

友人と旅行に行く計画がある、お祝い事があるなど、まとまった出費の予定があるのにお金がないときは非常に困りますね。

そんなちょっとしたお金を借りたいときに力強い味方になってくれるのが、カードローンです。
しかし、カードローンが実際にどういうものか分からないという人も多いのではないでしょうか?

こちらでは、カードローンの仕組みや返済方法などについて紹介していきます。

そもそもカードローンってどういうもの?

カードローンとは資金使途を明確にする必要がなく、担保や保証人も不要でお金を借りられる金融サービスです。

比較的手続きが簡単で、申込から融資まであまり時間を必要としません
最初に利用限度額が決定され、その範囲内であれば何度でも自由に借り入れることが可能です。

さらに、金融機関ではなく近所のコンビニのATMなどでも借入や返済ができます。

お金を借りたいと思ったら、すぐに手軽に利用できるのがカードローンの最大の特徴であり、メリットといえるでしょう。
カードローンというと消費者金融のイメージがありますが、銀行や信用金庫、信販会社などでもサービスを提供しています。

おおまかな特徴として、銀行系カードローンは金利が低めですが審査は厳しく、
消費者金融系は金利が高いですが審査が緩め
のところが多いです。

借り過ぎてしまうという心配は不要!貸金業法とは?

利用限度額は貸金業法という法律によって、利用者の年収の3分の1と規定されています。これを「総量規制」と呼びます。

例えば年収が300万円であれば、利用限度額は100万円になるのです。
複数の金融機関で借りている場合は、利用限度額は合算されて算出されます。

既にA社での借入残高が100万円あるというときは、B社で新たに借り入れることはできません。

カードローンを利用する際に借り過ぎてしまわないかと不安に思う人も多いですが、この法律によって借り過ぎを防ぐことができます
なお、銀行や信金は貸金業法の対象外ですが、自主規制により年収の3分の1を超える貸付けはほぼ行っていません。

どのような審査するの?

カードローンを利用するためには、まず申込を行い審査を受ける必要があります。

残念ながら審査に落ちてしまった場合は、いくらお金を借りたいと思っても借りることはできません。
それでは、申込から審査までの流れを見ていきましょう。

申込方法にはWebサイト、郵送、電話といった方法があります。

また、店頭窓口で直接申し込んだり、金融機関によっては店舗内に自動契約機が設置されていて、そこで行えることもあります。
そして、ほとんどの金融機関で利用できて、周りにバレずに済むのがWebサイトからの申込です。

それ以外の方法は、金融機関によって対応していないこともあります。

なお、ほとんどの金融機関で申込条件として挙げているのが、20歳以上で安定した収入があることです。
無職であれば落ちる可能性は非常に高いですが、専業主婦は配偶者に安定した収入があれば審査に通ることもあります。

審査は申込書の内容と、信用情報機関から得られる情報をもとに行われます。

信用情報とはこれまでのローンなどの信用取引の内容や返済状況、利用残高などのことです。

過去に別のところから借入していて、支払いの延滞を繰り返していたり、
自己破産した経験があったりすれば審査に通るのは難しいでしょう。

また、審査の一環で勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

この場合は金融機関の担当者は個人名でかけてくるため、職場の人に申し込んだ事実が知られることはありません
審査に通ればメールや電話で結果の連絡があり、晴れて借り入れが可能となります。

どうやって返済するの?

借りたお金は必ず返済しなければいけません。カードローンにはどのような返済方法があるのでしょうか。

これには大きく、約定返済と随時返済の2つがあります。約定返済とは、毎月決まった日に返済するというものです。
カード会社によって異なりますが、返済日は5日・15日・25日・月末などの決まった日から選んで決められることが多いです。

随時返済は好きなタイミングで返済するというものです。ただし、随時返済だけを行うことはできません。

約定返済をしたうえで、随時返済を併用するという形になります。

借入期間が長くなるとそれだけ利息もついて支払い額が膨らみますので、
臨時収入が入ったときなどはできるだけ返済に回してしまうといいでしょう。

そして、返済には口座からの引き落とし、ATM、振込、店頭窓口を通す方法があります。

口座引き落としは返済忘れがなく、延滞してしまう心配がありません。

コンビニなどにある提携ATMを通しての返済は早朝や深夜でも可能ですので、
仕事で忙しく金融機関まで行く時間がないといった人にも便利です。

ただし、ATMの入金手数料は無料のところもあれば有料のところもありますので、事前に確認しておきましょう。

振込は銀行まで行く手間がかかり、手数料を負担する必要もあるため、あまり良い方法ではありません。
店頭窓口で返済する方法も手間がかかり、あまりメリットはないでしょう。

こうすれば上手に返済できる

カードローンはとても便利なのですが、長期にわたって借りているとそれだけ利息も支払う必要があります。

そこで少しでも利息を減らすために、経済的な余裕ができたときは繰り上げ返済を行うといいでしょう。
上で述べた通り、カードローンは随時返済が可能です。期日まで待たずに少しでも返済し、元金を減らしましょう

ただし、このときに注意したいのが、次の返済期日に返せるお金を確保しておくことです。

カード会社によって扱いは異なりますが、随意返済分を当月返済分に充当せずに、
支払い日に規定通りの金額の返済を要求されることがあります。

随時返済で返しすぎて手元にお金がないとなると、延滞してしまう可能性があるのです。

また、契約時に約定返済の期日を選べるのであれば、給料日の直後に設定し、口座引き落としにしてしまうのがおすすめです。

給料が入った後で引き落としされてしまえば、払い忘れもなく延滞利息を払うこともありません。
一方、返済日を給料日の直前に設定してしまうと、お金が残っていなくて払えないということもあるでしょう。

お金を借りたいならカードローンが手軽で便利

カードローンというと、よく分からないだけに恐いものと感じている人がいるかもしれません。

しかし、少しの間だけお金を借りたいというときに、手軽にスピーディに借りることができる便利なサービスです。
期日に注意して、月々しっかり返済するようにすれば問題はありません。

いざというときに慌てないように、あらかじめカードローンを作っておくのもおすすめです。

賢く利用して、ゆとりのある生活を楽しみましょう。